「2008年のノートPCは1回の充電で8時間稼動する」--米IntelがCentrinoの今後を語る

日川佳三(編集部)

2005-07-13 17:37

 インテルは7月13日、ノートPCの8時間稼動を実現する時期を2010年としていた予測を上方修正し、2008年には実現できることを明らかにした。同社モビリティ事業本部副社長のムーリー・エデン氏が、ノートPC向けに消費電力を抑える半導体技術「Centrino」の今後の展開を語った。

米Intel モビリティ事業本部副社長兼モバイル・プラットフォーム事業部長のムーリー・エデン(Mooly Eden)氏

 Centrinoは、CPUと無線LANチップなどを含んだノートPC用の半導体技術であり、CPU(Pentium M)の動作周波数(と電圧)を動的に変更する技術に特徴がある。2006年第1四半期に発表する次版の「Yonah」(コード名)では、CPU内に2個のコアを搭載するデュアル・コア構成になる。

 Yonahの際立った特徴は、設計プロセスに65ナノメートル(0.065マイクロメートル)・ルールを採用した点と、内蔵するL2キャッシュを2個のコアから共有する点である。キャッシュの容量の総量は2Mバイトで、2個のコアに対して合計2Mバイトのキャッシュ容量を動的に割り当てられる。

デュアル・コア構成のCPU。コアがL2キャッシュを共有する

 内蔵L2キャッシュの共有により、マルチコアの処理を高速化できる。コア同士が通信する際に、CPUの外部機構であるCPUバスやメインメモリ、キャッシュ・コヒーレンシ機構にアクセスすることなくコア同士が通信できるからである。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]