編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

キヤノンソフト、アルゴシステム創研とWebアプリケーション開発で提携

WebBCN (BCN)

2005-08-08 11:06

 キヤノンソフトウェア(キヤノンソフト、岡田 明社長)は、アルゴシステム創研(山田勝弘社長)と基幹系業務システムにおけるJavaアプリケーションを短期構築するためのツールと技法の提供に関して提携した。

 キヤノンソフトの「Web Performer」は、データモデル、ユーザーインターフェイス、ビジネスプロセスなどの業務要件定義を定義することでJavaによるWebアプリケーションを自動生成するツール。今回、アルゴシステム創研は、同社の上流工程設計手法「Business System Designing Method」をベースに、「Web Performer」を使用してシステム開発を行う技法「BDMfWP(Business System Designing Method for Web Performer)」を新たに開発した。これにより、上流工程の設計段階から「Web Performer」の要件定義に連携でき、システム開発の生産性向上だけでなく、業務適合性、制御可能性の高いシステム構築が可能になる。

 今回の連携で、キヤノンソフトは「Web Performer」のパッケージ販売とシステム開発を、アルゴシステム創研は教育サービスとコンサルティングサービスを提供する。両社で06年に10社5億円、07年には50社の商談獲得を目指す。また、今後は共催セミナーの開催など、販売促進活動でも連携を強化する。

キヤノンソフトウェア

アルゴシステム創研

「Web Performer」

「BDM for Web Performer」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]