編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、WorkplaceでFirefoxをサポート--Linux販売体制の再編成もあわせて発表

Stephan Shankland(CNET News.com)

2005-08-10 11:02

 サンフランシスコ発--IBMは米国時間9日、同社のデスクトップソフトウェア製品「Workplace」を「Firefox」ウェブブラウザに対応させたことを発表した。

 IBMのWorkplaceは、文書作成/書類保管/カレンダー機能などを提供するソフトウェアだ。こうした作業の処理は実際には中央サーバが行っていて、ユーザーはウェブブラウザを介して同サーバにアクセスする仕組みになっている。

 IBMは以前は、「Mozilla」とMicrosoft「Internet Explorer」のみをサポート対象としていた。だが最近では、Firefoxが、Windows上でも広く利用されるようになりつつあり、マーケットシェアを伸ばしている。また、「Red Hat Linux」および「Suse Linux」ではFirefoxをデフォルトのブラウザとしている。

 今回の発表は、現地で開催されている「LinuxWorld Conference and Expo」で行われた。もっとも同社は、Firefoxのプログラマを雇用したことを2005年に入ってから発表しており、こうした動きについて示唆していた。

 IBMは、Linuxオープンソースオペレーティングシステム(OS)に対するサポートを声高に表明することで、同OSビジネスの発展に貢献してきた。同社は、Linuxサーバ市場ではDellおよびHewlett-Packardと、Linuxソフトウェア市場ではBEA SystemsおよびOracleと競合している。

 IBMはまた、同カンファレンスで、同社のLinux販売体制を再編成したことも明らかにした。これまで同社でLinux製品を販売していたのは、その製品(メインフレームやIntelベースサーバ、「Websphere」アプリケーションソフトウェアなど)を専門に扱う部署だった。

 現在IBMは、保険/航空宇宙/小売/エンターテインメント産業といった特定の業種の顧客が抱える問題の解決に、販売専門の社員があたっていると、同社でLinuxの世界展開を担当するバイスプレジデントScott Handyは話している。また同氏は、そのほかの販売スペシャリストが、ビジネスの柔軟性向上などのIT関連問題に取り組んでいるとも述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]