AMD、Pacificaのシミュレーションプログラム「SimNow」をリリース

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年08月10日 13時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Advanced Micro Devices(AMD)は、自社の次世代チップをシミュレートするプログラム「SimNow」をリリースした。これは、今後追加される機能をサポートするソフトウェアが迅速に開発されることを目的とした動きである。

 同社が投入予定の「Pacifica」(開発コード名)は、「Xen」のようなソフトウェアを使用して、同じコンピュータ上で複数のオペレーティングシステム(OS)を稼働させることを容易にするための技術。AMDは、当地で開催中の「LinuxWorld Conference and Expo」でSimNowを発表した。

 「(シミュレーションを)命令レベルで行っているので、恐らく、動作はかなり遅いだろう」とInsight 64のアナリストNathan Brookwoodは予想する一方で、「でも、無いよりは、あった方が良い」と付け加えた。

 また、Brookwoodは、SimNowを使うことで、「Presidio」と呼ばれるAMDの機能を、プログラマが自分の製品に使用する準備ができるとも期待する。Presidioは、個別のプロセス同士が干渉し合わないことを保証するセキュリティ技術である。PresidioとPacifiaはそれぞれ、Intelの「LaGrande」「VT(Virtualization Technology)」に似た技術である。

 Intelは、長年、x86サーバチップ市場を独占してきた。しかし、AMDがOpteronを2003年に発表したことで、競争は激化した。AMDは、より多くのメモリを取り扱える64ビットプロセッサを製品に追加したことで、Intelに打撃を与えていた。しかし、Intelも、仮想化技術をサポートするなど、これに対抗するさまざまな動きを見せている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算