編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

USENがDHCPによる動的IPを用いるインターネットVPNを開始、運用管理コストを削減

日川佳三(編集部)

2005-08-10 17:25

 USEN(旧称は有線ブロードネットワークス)は10月1日、DHCPを使って動的にIPアドレスを割り振るインターネットVPNサービス「BROAD-GATE 02ビジネスVPN」を開始する。ユーザーサイトでのルータの設定作業が不要になるため、運用管理コストを抑えられる。月額費用は3万1290円。

 BROAD-GATE 02ビジネスVPNは、USENが提供する光ファイバ接続によるインターネット接続サービス「BROAD-GATE 02」と、古河電工が開発したルータ「FITELnet」を組み合わせて利用する。古河インフォメーション・テクノロジーの保守運用サービスが付く。

 価格の詳細は以下の通り。初期導入費用は9万3450円で、回線である「光ビジネスアクセス」が5万2500円、事務手数料が3150円。VPNサービス「ビジネスVPN」が3万7800円である。月額費用は3万1290円で、回線である「光ビジネスアクセスIP1」が2万3100円、VPNサービス「ビジネスアクセスF100」が8190円である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]