編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IPv6機器を短期開発して市場に投入、プラネックスコミュニケーションズがZebra開発元と共同で

日川佳三(編集部)

2005-08-12 15:35

 プラネックスコミュニケーションズは8月10日、IPスイッチング/ルーティングソフト「ZebOS」の開発元である米IP Infusionと共同でIPv6ネットワーク機器の開発・販売に注力していくことを明らかにした。

 同社では、中国やインドなどにおいてインターネットの普及が伸びることでIPv6の需要が急速に増え、製品仕様もまた急速に変化していくと予測する。IPv6需要にこたえるため、米IP Infusionのソフト技術とプラネックスコミュニケーションズの製品企画開発力を組み合わせる。

 米IP Infusionは、オープンソースのルーティングソフト「Zebra」を開発した石黒邦宏氏と吉川欣也氏が設立したベンチャー企業である。CTO(最高技術責任者)の石黒邦宏氏はSIベンダーのSRAなどを経たプログラマであり、IPv6技術に詳しい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]