編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ノーテルがL3スイッチの新機種2製品を出荷、SFP搭載で34万4000円など

日川佳三(編集部)

2005-08-18 15:34

 ノーテルネットワークスは8月18日、レイヤー2/3スイッチの新製品2機種を出荷する。大企業のエッジ・ルータや中小企業のコア・ルータに適する「Nortel Ethernet Routing Switch 5530-24TFD」を149万9000円、中小企業向けの「Nortel Ethernet Routing Switch 3510-24T」を34万4000円でそれぞれ出荷する。開発会社は加Nortel Networks。

Nortel Ethernet Routing Switch 5530-24TFD

 5530-24TFDの主な仕様は以下の通り。ポートは、光接続を主な目的とした小型スロット規格であるXFP(10 Gigabit Small Form Factor Pluggable)のスロットを2個、小型スロット規格であるSFP(Small Form-Factor Pluggable)のスロットを12個、RJ-45形状の1000/100/10BASE-Tポートを24個である。全24個のRJ45ポートのうち12個のRJ-45ポートは、12個のSFPスロットと共用であり、いずれかの使い方に限られる。XFPとSFPのスロットは、別途用意したギガビット・イーサネットのためのGBICモジュールを装着して利用する。

 5530-24TFDの総スループットは8台スタック構成で使用時に640Gビット/秒。優先制御などのQoS機能や、加Nortel Networksの独自仕様でルータ同士を冗長構成で利用するSMLT(Split Multilink Trunking)プロトコルなどを備える。

 中小企業向けの3510-24Tは、SFPスロットを4スロット、RJ-45形状の1000/100/10BASE-Tポートを24基搭載する。

 販売会社は全8社で以下の通り。コミューチュア、ネクストコム、ネットマークス、ネットワンシステムズ、富士ゼロックス、丸紅ソリューション、ユニアデックス、理経。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]