編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

NECとNTTデータナレッジなど、KMソフトの開発/販売で協業

ニューズフロント

2005-08-22 14:29

 NEC、NECネクサソリューションズ、NTTデータナレッジの3社は8月22日、ナレッジマネジメント(KM)ソフトを共同開発し、販売でも協力すると発表した。第1弾の製品として、NECネクサがKMソフト「ナレッジポケット」を9月2日から販売する。

 3社は、それぞれのノウハウを結集し、KMソフトを新たに開発するためのソフトウェア基盤を開発した。この基盤を利用すると、KMソフトの短期開発と開発コストの削減を実現できる。「標準的なモデルでは、これまで1年かかっていた開発作業を4カ月に短縮し、1000万円の製品を500万円程度に抑えられる」(3社)と見込む。

 具体的には、NECがKMソフト開発ツール「CERVELLO」を開発してOEM供給、NTTデータナレッジがKMソフトの基盤サーバ「Knowledgeserver」のJava版を開発、NECネクサが営業部門向けに、提案力強化を目的とするKMソフト「ナレッジポケット提案力強化」の開発を担当する。

 ソフトウェア基盤を用いて開発したKMソフトを順次拡充し、今後3年間で30製品のラインナップを目指す。3社は、協同プロモーションおよび販売も行う。さらに、他社にも同プラットフォーム上での開発を広く呼びかけていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]