編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アライドテレシス、既存の電話設備を活用できるVoIPゲートウェイを発売

WebBCN (BCN)

2005-08-31 11:10

 アライドテレシス(大嶋章禎社長)は、既存の構内交換機(PBX)に接続し て構内のVoIP通話を実現するSIP対応のエンタープライズ・VoIPゲートウェイ 「CentreCOM EG2004TX-BRI」を9月6日に発売する。価格は31万2900円。

 LAN/WAN用の10/100BASE-TXを各1ポート、PSTN(一般加入電話網)接続用のBRIを1ポート、PBX(構内交換機)接続用のBRIを2ポート装備し、ブロードバン ド回線経由で最大4チャンネルのVoIP回線を確保する。さらに最大5台までのス タック接続に対応、同時20通話に対応する。電話機能としては、ナンバーディ スプレイ、サブアドレス、ダイヤルイン着信に対応する。

 社内IPセントレックス構築後は既存の電話番号を継続使用できるほか、IP回 線を利用した拠点間通信や内線通話が無料で利用できる。また、PSTNポートに ISDN回線を接続すれば、IP回線で障害が発生したときに、既存のNTT網を使用 したりNTT網とのクロック同期も可能になる。

 ブロードバンドルーター機能として、PPPoE(2セッション同時接続/セッションキープアライブ)、DHCPサーバー/クライアント、NAT/ENAT、IPフィル ターなどをサポート。ADSL/FTTHといったブロードバンド回線を直収できるほ か、既存ルーターの配下でも使用できる。

アライドテレシス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]