マイクロソフト、Windows用パッチのリリースを先送り

Joris Evers(CNET News.com) 2005年09月12日 12時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、米国時間13日に予定していた今月の月例パッチリリースでWindows向けのアップデートを1件公開することになっていたが、米国時間9日になって、追加テストが必要であることを理由にこの公開を延期すると発表した。

 「テストプロセスの後半に来て品質の問題が明らかになり、リリース前に新たなテストと開発作業が必要になった」と、同社は自社のウェブサイトに掲載した声明のなかで述べている。

 Microsoftは前日に、Windowsに見つかった不特定数の脆弱性に対処するセキュリティパッチを米国時間13日にリリースすると公表していた。この「緊急」レベルの脆弱性は、ユーザーが何もしなくても感染を拡大する悪質なインターネットワームに悪用される可能性がある。

 Microsoftでは、ユーザーが前もって計画を立てられるよう、毎月第2火曜日にパッチをリリースしている。同社はまた、ユーザーに余裕を与える意味から、第1木曜日に一部の情報を事前に公開している。

 Microsoftは、このWindowsアップデートで修正予定のセキュリティバグについて、まだ詳細を明らかにしていない。セキュリティ研究者らはここ数週間、Internet Explorerにある脆弱性を複数指摘しており、なかには攻撃者によるPCの乗っ取りを可能にしてしまうものもあるという。

 Microsoftは、8月に6つのセキュリティパッチをリリースした。そのなかには、Windowsに見つかった「緊急」レベルの問題に対処するパッチも3つ含まれていた。これらの欠陥のなかには、その後Zotobワームによって悪用され、世界中のWindows 2000システムを大混乱に陥れたものもあった。

 Microsoftは通常、月例パッチリリースのスケジュールを守ってきていることから、今回公開が見合わされたWindowsパッチは、来月リリースされる可能性が高い。ただし、ユーザーの保護が必要と思われる時には、同社は月例パッチのタイミングを待たずに、該当する修正パッチを公開する場合もある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算