マイクロソフト、Windows用パッチのリリースを先送り

Joris Evers(CNET News.com)

2005-09-12 12:04

 Microsoftは、米国時間13日に予定していた今月の月例パッチリリースでWindows向けのアップデートを1件公開することになっていたが、米国時間9日になって、追加テストが必要であることを理由にこの公開を延期すると発表した。

 「テストプロセスの後半に来て品質の問題が明らかになり、リリース前に新たなテストと開発作業が必要になった」と、同社は自社のウェブサイトに掲載した声明のなかで述べている。

 Microsoftは前日に、Windowsに見つかった不特定数の脆弱性に対処するセキュリティパッチを米国時間13日にリリースすると公表していた。この「緊急」レベルの脆弱性は、ユーザーが何もしなくても感染を拡大する悪質なインターネットワームに悪用される可能性がある。

 Microsoftでは、ユーザーが前もって計画を立てられるよう、毎月第2火曜日にパッチをリリースしている。同社はまた、ユーザーに余裕を与える意味から、第1木曜日に一部の情報を事前に公開している。

 Microsoftは、このWindowsアップデートで修正予定のセキュリティバグについて、まだ詳細を明らかにしていない。セキュリティ研究者らはここ数週間、Internet Explorerにある脆弱性を複数指摘しており、なかには攻撃者によるPCの乗っ取りを可能にしてしまうものもあるという。

 Microsoftは、8月に6つのセキュリティパッチをリリースした。そのなかには、Windowsに見つかった「緊急」レベルの問題に対処するパッチも3つ含まれていた。これらの欠陥のなかには、その後Zotobワームによって悪用され、世界中のWindows 2000システムを大混乱に陥れたものもあった。

 Microsoftは通常、月例パッチリリースのスケジュールを守ってきていることから、今回公開が見合わされたWindowsパッチは、来月リリースされる可能性が高い。ただし、ユーザーの保護が必要と思われる時には、同社は月例パッチのタイミングを待たずに、該当する修正パッチを公開する場合もある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]