編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

オラクル、シーベル・システムズを58億ドルで買収へ

Margaret Kane(CNET News.com)

2005-09-12 22:54

 [午前10時18分更新] ソフトウェアメーカーのOracleは米国時間12日、ライバルのSiebel Systemsを58億ドルで買収すると発表した。Oracleが主要なライバル企業を買収するのは、2004年半ば以降、Siebelが2社めとなる。

 Oracleの幹部らによると、この巨大買収は同社がSAPに対抗していくための「大規模な足がかかり」になるという。SAPは世界最大のビジネスアプリケーションベンダーで、Oracleにとっては最大のライバル企業だ。

 SiebelはCRM(顧客関係管理)ソフトウェアの専門メーカーで、OracleはSiebelを買収することにより、4000社の顧客と340万人のCRMユーザーを新たに獲得することになると、同社は説明している。

 Oracleの最高経営責任者(CEO)Larry Ellisonは、今回の買収について、パートナー各社や顧客企業からの要望に誘発されたものだと述べた。同士によると、顧客の1社であるGeneral Electric(GE)では、アプリケーションの調達先を1社に絞り、統合プロセスも簡略化したいと考えているという。

 Ellisonはアナリストとの電話会議のなかで、「この買収はOracleの株主と顧客のためになる。GEのような最も大口の顧客から、われわれ2社に対して合併するよう呼びかけがあった」と語った。

 Oracleは、Siebel株1株に対して10ドル66セントを支払う。これは、同社の9ドル13セントという9日の終値におよそ17%を上乗せした額。今回の買収は、Siebel株主と規制当局の承認を受けた後、来年に完了すると見られている。

 Ellisonは、Oracleが103億ドルでPeopleSoftを買収しようとしていた際に、Siebelも買収先候補としてリストアップしていた。OracleによるPeopleSoft買収は物議をかもし、論争を巻き起こした末に、今年1月に完了された。

 Siebelも、特に4月にMike LawrieがCEOを辞任してからは、何度も買収の噂が浮上していた。

 Oracleによると、同社はSiebel買収のタイミングを計っていたという。

 「Tom(Siebel)と私は、かねてから買収についていろいろと話をしてきた。ところが、われわれのほうはPeopleSoftの統合を完了しなくてはならず、大規模な合併は統合後2四半期程度をうまく乗り切ってからにしよう、という話をしていた」(Ellison)

 Oracleの共同社長であるCharles Phillipsは7月、PeopleSoftの買収がほぼ落ち着き、同社は新たな買収先を探していると、CNET News.comに対して語っていた。

 「われわれの規模を考慮すれば、さまざまな規模の買収を複数こなせる。プロセスは完全にマスターした」(Phillips)

 Oracleは今年、このほかにも買収を実行している。同社は4月に、小売用ソフトウェアメーカーのRetekを5億ドルをわずかに下回る金額で買収した。また、7月初旬には、価格最適化用ソフトウェアを専門とするProfitLogicを買収。さらに先月には、インドのバンキングソフトウェアメーカーI-flex Solutionsにも6億5000万ドルを出資している。

SiebelをCRM戦略の中核に

 Oracleは、SiebelのCRM技術に対する製品サポートを数年間は継続し、その取り組みのなかで同社の製品を「呼び物」として使うことを計画している。

 「Siebelは今後われわれのCRM戦略の中心になる。PeopleSoftやOracleのCRMも引き続き販売するが、メインはあくまでもSiebelだ」(Ellison)

 Siebelは近年、専門アプリケーションからフルコースの統合スイートを提供できる企業への顧客による乗り換えが明確になるなかで、財政的に苦戦を続けていたと、Siebelの創業者兼会長であり、またOracle幹部としてEllisonの下で働いたこともTom Siebelは説明した。

 「ここ3〜5年の間に市場の力学に変化が生じた。2年前に望まれていたのは、2つ程度のカテゴリーで優れたものだった。だが今では、顧客やパートナーらが『本当に求めているのは先々のコストをコントロールできるアプリケーションスイートだ』と指摘している」(Siebel)

 両社の顧客には重複するところも多いが、彼らはエンタープライズアプリケーションを1社のベンダーにまかせることで、複数のベンダーとの取引から生じる価格設定のばらつきや、システムのアップグレードや統合に関する悩みを解消したいと考えていると、Phillipsは述べた。

 両社によると、Siebelのソフトウェアは大半がOracleのデータベース上で動作するという。また、SiebelのCRM技術と、Oracleのアプリケーションやミドルウェアは、業界標準に従ったアーキテクチャを共有している。

 さらに、Siebelの技術も、PeopleSoftとOracleのソフトウェアの完全な統合を目的とするOracleの「Project Fusion」に組み込まれる。なお、PeopleSoft製品のサポートは2013年で終了することになっている。

 Salesforce.comのCEO、Marc Benioffは、この計画を即座に非難した。同社は、SAP、Oracle、そしてSiebelの各製品と競合するASP型のCRMシステムを販売している。

 「Oracleの戦略はシンプルだ。革新を行うのではなく、既存ソフトウェアを可能な限り買い集めて『Oracle Fusion』と呼び、そしてすべてのソフトウェアがOracleのデータベースを使うようにするというものだ。PeopleSoftに対して行われたのと同じことが、いまSiebelにも行われようとしている。Siebelは終わりを迎えるだろう」とBenioffは12日付けの声明のなかで述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]