SSFC、監視カメラやオフィス家具など連携させたセキュリティモデルシステム

WebBCN (BCN) 2005年09月15日 12時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ICカードを利用したオフィスセキュリティのスタンダードを目指す企業連合「SSFC(Shared Security Formats Cooperation)」(事務局:大日本印刷)の参加企業12社は、新たなセキュリティモデルシステムを開発した。

 今回のモデルシステムは、ドアゲートシステム/ネットワークプリンタ/オフィス家具/監視カメラの4つの動作を、すべて1枚の非接触ICカードで可能にするもの。通常の監視カメラが時系列で映像を記録するのに対し、新システムでは、ゲート通過時、プリンタ利用時、ロッカー利用時に、社員の顔画像を監視カメラで撮影してデータベース化。また、ICカードから読み取った社員番号もインデックスとしてデータベース化する。これによって、情報漏えいが発生した際に社員個々の行動を追跡調査できるとともに、従業員が不正行為を行っていないことを証明する際にも利用できる。

 また、社員の入退場管理を厳密に行うためには、共連れ(他者のICカードチェック時に複数の社員が同時入場すること)を防止する必要があることから、入場時にドアゲートシステムの各種情報を非接触ICカードに書き込み、この情報が書き込まれていないと、プリンタやロッカーが動作しないような仕組みとなっている。

 従来、ICカードによって利用制限を行う製品は、カード内部のデータフォーマットが各社で異なっているため、複数のICカードを持つことになり、利便性とセキュリティ上の問題が生じていた。SSFCでは、メーカーにとらわれない相互運用性を確保しつつ、より高度なオフィスセキュリティシステムの構築を目指し、ICカード内部のデータフォーマットの一部を共有化、これに準拠して各社が製品開発を行っている。現在の参加企業は75社。各社は順次、SSFC仕様に準拠したシステムを販売する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算