編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日立、セキュリティPCと認証/暗号化ASPサービスをセット販売

ニューズフロント

2005-09-29 21:59

 日立製作所は、情報漏えいを未然に防止可能なセキュリティPC「FLORA Se210(USB認証キー付)」と、セキュリティPC利用時に必要な認証/暗号化通信機能を提供するASPサービス「リモートアクセスサービス」を組み合わせ、「FLORA Se210リモートアクセスパック」として9月30日より販売する。

 セキュリティPCは、ハードディスクや光学ドライブを持たず、USBインターフェースからの出力を制限し、認証デバイスを採用することで、本体からの情報漏えいを防ぐPCの総称。データの保存や吸い出しが不可能なため、情報漏えいに対する抜本的な対策となる。ただし、単体では動作しないことから、利用にあたって認証/暗号化サーバの導入やシステム構築が必要だ。

 FLORA Se210リモートアクセスパックは、認証/暗号化通信機能をASPサービスとして提供するので、サーバ導入などの必要もなくセキュリティPC環境を構築できる。既存の社内システムの設定を変更することなく、セキュリティPCを利用し、外部から安全にリモートアクセスするといった作業が可能となる。

 FLORA Se210には認証用のUSBキーが付属しており、USBキー、パスワード、本体とUSBキーとの組み合わせ、という3つの条件が揃わないと使用できない。そのため、第三者による成りすましなどの不正アクセスも防げる。

 税込み導入価格は、1台当たり20万7900円から。リモートアクセスサービスの料金は、初期費用が4200円から、月額費用が2100円から。

 同社は、10月4日から8日まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2005に、FLORA Se210リモートアクセスパックを出展する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]