編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

C4Tとデジタルデザインがデータ通信高速化ミドルを共同開発

ニューズフロント

2005-09-30 15:13

 シーフォーテクノロジー(C4T)とデジタルデザインは9月30日、ネットワークセキュリティ技術分野で技術提携および共同開発を行うと発表した。C4Tの暗号技術とデジタルデザインの高速化通信技術を組み合わせ、データ通信高速化ミドルウェアを共同開発する。

 C4Tは、米国立標準技術研究所(NIST)から暗号モジュール向けセキュリティ規定FIPS 140-2の適合認定を受けている唯一の国内ソフトベンダーである。また、デジタルデザインのソフト製品系列「FastConnector」は、独自の圧縮転送技術を用い、ネットワークの通信量を約3分の1以下に圧縮できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]