編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

NECインフロンティアが双方向型遠隔監視システムにFAX機能追加--データ通報専用機も販売開始

エースラッシュ

2005-10-05 18:06

 NECインフロンティアは10月5日、ウェブ対応双方向型遠隔監視システム「コルソスCSDX」にFAX通報機能を追加、またデータ通報専用機「コルソスCSDX(D)」を販売すると発表した。

 「コルソスCSDX」は、データ蓄積、集計機能・簡易ウェブサーバ機能をワンボックスに搭載した双方向型のウェブ対応遠隔監視システムだ。今回の機能追加により「コルソスCSDX」は、音声・メール・データでの通報やブラウザ閲覧に加え、新たにFAXによる緊急通報や設備機器の稼働状況を日報や月報などで確認することが可能になった。本体価格に関しては従来通り、設置工事・調整費を除いて35万円だ。

 また今回は、LAN/PHS/DoPa網を利用してメールやデータでの通報やブラウザ閲覧に特化したデータ通報専用機「コルソスCSDX(D)」も販売する。これは、ブロードバンド網の拡大や構内のLAN架設の進展、低価格な無線インフラの利用拡大によりLANや無線接続での利用が多くなってきたため。搭載機能を絞り込むことで、設置工事・調整費を除き15万円という低価格になっている。

 なお、商品の出荷開始はFAX機能を追加した「コルソスCSDX」が11月1日、データ通報専用機「コルソスCSDX(D)」が11月28日からとなっている。同社では「今後も幅広い現場に則した、機能的かつ信頼性のおける遠隔監視システムを提供していく」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]