2つのシステムでDDoS攻撃を防ぐ「セキュアドトランジット」--NTT Comが提供

エースラッシュ

2005-10-19 20:07

 NTTコミュニケーションズは10月19日、ネットワーク型DDoS攻撃対策システム「セキュアドトランジット」を提供すると発表した。

 セキュアドトランジットは、DDoS攻撃検知機能「DDoSファインダー」と、DDoS攻撃防御機能「DDoSディフェンダー」で構成される。

 DDoSファインダーでは同社のグローバルIPネットワークを経由する指定パケットについてIPヘッダーの解析をして、DDoS攻撃を検知した場合にはユーザーにリアルタイムで通知する。また、DDoSディフェンダーはDDoSファインダーで検知された不正トラフィックを除去し、正常なトラフィックのみをユーザーのネットワークへ配送する。

 提供エリアは日本国内となっており、同社の提供する「グローバルIPネットワークトランジットサービス」および「コロケーション向けトランジットサービス」の付加サービスとして利用できる。料金は個別見積もりとなるが、DDoSファインダーについては参考価格として初期費用30万円、月額費用11万円としている。サービス開始予定日はDDoSファインダーが11月1日、DDoSディフェンダーが年度内の予定となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]