編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

日立システム、USBで情報家電などでもデータ通信可能にするソフト

WebBCN (BCN)

2005-10-28 12:10

 日立システムアンドサービス(日立システム、中村博行執行役社長)は、USBを利用して情報家電や携帯電話などの情報機器間のデータ通信を実現する「EmMeisterU ホストプロトコルスタック版」の販売を開始した。

 USBを使った通信は、「ホスト機能」をもつPCと、「デバイス機能」をもつ周辺機器で行うことが一般的だった。ところが、テレビにマウスを接続するなど、情報家電とPC周辺機器をUSBで接続し、直接データをやり取りするといったニーズが増加。PCを仲介しない情報家電と周辺機器との接続では、情報家電側に「ホスト機能」を持たせる必要がある。そこで今回、この「ホスト機能」を情報家電に持たせることができるソフトウェアパッケージ「EmMeisterU ホストプロトコルスタック版」を開発した。

 新製品は、プロトコルスタック内部を階層構造化することにより、ホスト機能を組み込むのに必要な階層のみをカスタマイズできるようにした。また、デジタルカメラや携帯型音楽プレーヤーなどに適用ができ、「クラス」と呼ばれるUSB機器の通信手順の中でもユーザーニーズが高い「マスストレージクラス・HUBクラスライブラリ」を添付した。さらに、組み込みOSの「μITRON4.0」もサポートする。

 このほかの特徴は、(1)組込み向けリアルタイムOSに対応、(2)USB2.0のHighSpeed転送をサポート、(3)キーボードやマウスの接続を実現するHIDクラスをサポート、(4)カスタマイズを容易にするソースコードを提供―─など。

 同社では、「EmMeisterU ホストプロトコルスタック版」のパッケージと関連ソリューションを合わせて、今後2年間でおよそ2億円の売り上げを見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]