「検索技術はこれからが本番」--SOAによる検索基盤でリーダーを狙うFAST

井津元由比古 2005年11月04日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ビジネスにおける重要な情報は、当たり前のようにデータとしてシステムに格納されるようになった。その結果、企業が蓄積する情報量は1年間で2倍になるという調査もある。そんな背景から、これまでビジネス市場ではまったく顧みられてこなかった検索技術が「Enterprise Search」として注目度を増している。コンシューマ市場で、すでに十分に利便性が認識されているこの技術。果たしてビジネス市場でどのような進化を遂げるのか。リーディングベンダーの1社であるノルウェー企業、FAST Search & Transfer社のCEOで共同創業者でもあるJohn M. Lervik氏に話を聞いた。

--FASTの創業からこれまでと、現在のビジネス領域は?

 FASTは1997年に創業して、2001年にオスロ証券取引所に上場しました。事業規模は毎年60から70%拡大していて、黒字経営です。今では日本を含め、15カ国にオフィスを構えるまでになりました。ビジネスは3つの柱から成り立っています。ECサイトやポータルサイトがサイト訪問者向けに提供する検索技術、企業内の情報検索(Enterprise Search)技術、そしてSiebelやDocumentum、EMCといったITベンダーに対する技術のOEM提供です。

--以前にAlltheWeb.comというポータルを運営していましたね。

 AlltheWeb.comは、FASTの技術を広く告知する場として運営してきました。そして、もちろんGoogleを超える検索エンジンでした。しかし、創業以来、われわれにはテクノロジー企業として成長したいという思いがありまして、Overtureからの買収提案に応じたのです。Webサイト検索用のアルゴリズム検索エンジンやAlltheWeb.comそのものは売却しましたが、企業向けの検索技術は残した。このときから、われわれはライセンスビジネスに力を入れる純粋なソフトウェア企業として歩み始めたことになります。

注:Overtureは後にYahoo!に買収され、現在はYahoo!の完全子会社となった。AlltheWeb.comは、Overtureによって今も運用されている。

「積極的な買収で技術を統合し、さらに高度な検索技術を提供する」と語ったLervik氏

--なぜ純粋なソフトウェア企業になろうと考えたのですか。

 うーん、ノルウェー人は保守的ですからね(笑)。テクノロジーを学んだPh.D(博士号保有者)が集まって会社をやっていたので、やはりテクノロジーを売り物にしたかったのです。そのころ、企業向けの検索ソリューションがこれほど注目を浴びるとはだれも考えていなかったかもしれませんが、われわれには自信がありました。実際に、今ではクリティカルな技術として認知されています。これからは、企業にとってさらに重要な分野になってきますよ。それに、ソフトウェア市場は巨大なマーケットです。

--しかし、この市場には競合するベンダーも数多く存在します。

 ええ。参入障壁が低いですから。15年から20年前、データベース市場には無数のベンダーがありました。そのころは、まだ自前でデータベースエンジンを作っている企業も多かった。しかし、その後のデータベース市場では標準化が進み、多くのベンダーが統合によって消えていきました。現在のEnterprise Search市場は、これと同じ状況にあります。多くのベンダーが存在し、自前で作っているケースも多い。今後は、ベンダー同士の合併が進み、生き残るベンダーは限られてくるでしょう。  新しい技術に光が当たれば、パラダイムシフトが起こります。そうすると、その中から大きく成長するベンダーが現れる。われわれは、その中でデータベース市場におけるオラクルや、ビジネスインテリジェンス市場でのコグノス、ビジネスオブジェクツのような存在になりたいのです。

--それは、積極的な買収によってですか。

 はい。最近も数件の買収を発表しました。顧客ベースを拡大することはもとより、買収した技術を自社の技術に統合することで、買収先の顧客に、より高度な検索技術を提供することができます。

--技術の統合は困難では?

 われわれの技術基盤である「FAST Enterprise Search Platform(ESP)」はSOAで構築されていますから、たとえばニッチな分野のモジュールを技術基盤に取り込むことなどは、極めて容易です。それに、導入も短期間で済みます。ビジネスアプリケーションを統合するような難しさはありません。

--デスクトップ検索も発表しましたね。この分野はGoogleがDesktop Searchを出したことで注目されましたが、戦略の違いは?

 10月にFAST Personal Search Platform(PSP)を出荷しました。ベータ版のユーザーもいますから、クリスマス前にはいくつかの事例も明らかにできそうです。さて、Googleとの最大の違いはセキュリティ機能です。そのほかでは、企業向けに提供することを主眼に置いているため、PSPはESPと統合されていて、ユーザーは個人のPCに入っている情報と企業内の情報のどちらにもPSPを通してアクセスできます。企業がPSPに自社ブランドをつけてユーザーに配布できることもGoogleより優れた点です。

--セキュリティの話ですが、セキュリティ機能は検索技術に組み込まれるべきだと考えていますか。それとも検索技術と共に使用するポータルやアプリケーションに搭載されていればよいと考えていますか。

 e-ビジネス向けの検索技術には、特にセキュリティが必要ではありませんが、Enterprise Searchにとってセキュリティは重要です。ドキュメントを保管しておく場所にも、ポータルへの入り口だけでなく、検索技術にもセキュリティ機能は必要になるのです。その際にパフォーマンスを低下させないことが条件になりますが、われわれはインデクシング技術を活用したことで、パフォーマンスの問題をクリアしています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]