編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

サン、オープンソースDB「PostgreSQL」をサポート--Solaris 10にバンドルへ

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-11-18 15:37

 ボストン発--Sun Microsystemsは、オープンソースのデータベースPostgreSQLを配布およびサポートする計画を発表した。

 Sun Microsystemsは米国時間17日、同社のSolarisオペレーティングシステム(OS)にPostgreSQLを組み込み、同ソフトウェアを運用するビジネス顧客にサポートサービスを提供し始める予定であると述べた。

 Sunの幹部らは当地で開催された記者会見で、SunのエンジニアはPostgreSQLオープンソースプロジェクトにSunのエニジニアを参加させ、同データベースをSolaris用に調整し、そのハイエンド機能をさらに強化するつもりであると述べた。

 Sunのソフトウェア担当エグゼクティブバイスプレジデントのJohn Loiaconoは、SunはPostgresのデータベース機能をSunのOSやマネジメントシステムに統合させるつもりであると述べた。

 「われわれは(PostgreSQLデータベースを)を受け入れ、Solarisと密接に統合させ、全世界ベースでサポートする意向である」とLoiaconoは述べる。Sunは12月にはデータベース関連サービスを提供し始める予定である。

 すでに報道されているとおり、Sunは、128ビットファイルシステム「Solaris ZFS」をオープンソースプロジェクトOpenSolarisを通してリリースする予定であると述べた。同社幹部によれば、同ソフトウェアは12月には開発者が利用できるようになり、2006年前半にはSolaris 10のアップデート版に統合される。

 さらにSunは、仮想化ソフト「Xen」をOpenSolarisに組み込む予定で、この作業については、2006年9月に行われるSolaris 10のアップデートに間に合わせるつもりである。

 Sunはまた、2005年末までにLinuxアプリケーション用のSolaris Containersと称する機能をOpenSolarisに組み込む意向であると述べた。このソフトウェアはOpenSolaris上でRedHat Linuxアプリケーションの作動を可能とさせるものである。

 SunがPostgresを支持すると決断したことにより、何カ月ににもわたる憶測に終止符が打たれた。トップ企業幹部らは2005年に入り、オープンソースデータベースのためのサービスを提供する計画であると表明していたが、具体的な製品名は明らかにされていなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]