編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ファイルメーカー、高速化した「FileMaker Server 8」、SSLも実装

WebBCN (BCN)

2005-11-25 11:51

 ファイルメーカー(宮本高誠社長)は、「FileMaker Server 8」を12月中旬に発売する。

 同製品は、「FileMaker Pro」の共有データベースソリューションを管理するサーバーソフトウェア。前版の「FileMaker Server 7」に比べ、高速にデータを検索や追加、削除、編集できるように設計され、作業効率のアップが望めるようになった。米本社が実施したベンチマークテストでは、前版従来製品に比べ最大89%のパフォーマンスアップを記録したという。また、データベースとクライアント間のデータを、SSLプロトコルで暗号化でき、高いセキュリティを保ったまま通信できる。

 WindowsとMac OS双方に対応する。税別価格は12万8000円。「FileMaker Server 7」からのアップグレード版は、3万8000円。また、06年9月30日までは「FileMaker Server 5.5/5.0」からのアップグレード版を6万8000円で購入できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]