編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

朝日新聞社、VMware ESX ServerでSUSサーバを低コストに導入

CNET Japan Staff

2005-12-01 05:02

 ヴイエムウェアは11月30日、朝日新聞社がVMware仮想インフラストラクチャソフトウェア製品を導入し、低コストなシステム拡張に成功したことを発表した。

 朝日新聞社では2004年末、社内に数多く導入されているWindowsマシンに対して、セキュリティパッチなどのインストール作業を自動化するために、マイクロソフトの「Software Update Services(SUS)」の導入が検討された。しかし、1台のマシンで稼働するSUSがパッチのアップデート定義をひとつのパターンしか持てないため、ハードウェアのコスト、およびサーバルームの面積を取ってしまうことが問題となっていた。

 これらの問題を解消するために同社は、複数の仮想サーバを単一の物理サーバで動かすことのできる「VMware ESX Server」を採用。3台の物理サーバを導入し、それぞれを3つの仮想マシンとして運用し、合計9つの仮想サーバ上でSUSサーバとして稼働させた。

 なお、SUSの次バージョンでは、1台のマシンで複数のアップデート定義を持てるようになる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]