デジオン、インテルキャピタルからの出資でDiXiMをViiv向けに拡張

CNET Japan Staff

2005-12-19 19:57

 インテルのベンチャー投資プログラムであるインテルキャピタルジャパンは12月19日、ネットワークやマルチメディアなどの制御ソフトウェアを開発する企業で福岡に本社を置くデジオンに出資したことを発表した。

 今回の出資は、デジオンのデジタルエンターテイメント向けソフトウェアおよびツールの開発強化を目的としている。

 デジオンは、家庭および企業向けのネットワーク、マルチメディア、およびストレージなどの制御ソフトウェアを開発する企業で、「DiXiM」と呼ばれるホームネットワークソリューションを提供している。同社のソフトウェアは、ホームネットワークに対応するテレビ、DVDレコーダ、デジタル音楽プレイヤーなどの製品に利用されている。

 一方のインテルは、「Viiv」と呼ばれる自社のプラットフォーム技術を開発中で、これにより家庭のさまざまなデジタル機器を通じて、いつでも、どこからでも、デジタルコンテンツを楽しめる環境を実現することを目指している。

 今回の投資はこれを受けたもので、デジオンは同社のDLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス)対応ネットワーク家電用開発ツールをViiv向けに拡張することになる。

 具体的には、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワークで楽しむためのDTCP-IPコンテンツ暗号化伝送技術や、自由かつ低価格なリモートユーザーインターフェースなどの機能が拡張される予定。インテルでは、デジオンの顧客である家電メーカーが短期間に、Viiv対応のネットワーク家電製品を開発できるようになることを期待している。

 デジオンへの出資は、インテルキャピタルが2003年に設定した総額2億ドルのインテルデジタルホーム基金を通じて行われる。なお、投資の詳細については公表されていない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]