編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

NTTドコモ、NECのIMS基盤を「プッシュトークサービス」で採用

ニューズフロント

2005-12-22 16:29

 NECは12月22日、同社の開発したIPマルチメディアサブシステム(IMS)基盤がNTTドコモに採用されたと発表した。NTTドコモは同基盤上で「プッシュトークサービス」を提供していく。

 IMSは、共通のSIPセッション上で多くのサービスを実現可能とし、音声通話とデータサービスを統合させる技術である。NECでは「IMSという共通のサービス基盤を導入することで、通信事業者は今後IPネットワーク向けアプリケーション開発をより迅速に、かつ低コストで実施できるようになる」としている。

 NECのIMS製品群は、第3世代無線インターネット関連の団体である3GPPや3GPP2によって標準化された技術を利用し、IPおよびSIPをベースに、携帯電話用パケット網で新しいマルチメディアサービスを実現する。ブレードサーバ向けボード規格Advanced TCA(ATCA)や汎用サーバなどのマルチプラットフォームに対応しており、信頼性も高いという。

 今後、ITU-T/TISPANのNGN標準、IPv4およびIPv6の両アドレス体系でのサービス展開など、機能の強化を進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]