編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MSのFATシステムに関する特許は有効--米特許商標庁が認める

文:Anne Broache(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-01-11 12:34

 連邦特許審査官が、Microsoftが主張していたWindowsのファイル管理システムに関する2件の特許の正当性を最終的に認めた。

 Microsoftは米国時間1月10日、今回の裁定について発表し、同特許をめぐって2年間続いた騒動に決着をつけた。同特許に関しては、米国特許商標庁がMicrosoftの訴えを退ける一時裁定を下していたが、これが覆された格好になる。最後に一時裁定が下されたのは、2005年10月だった。

 審査官は、Microsoftが先週起こした訴えに対し、同社のFAT(File Allocation Table)ファイルシステムは事実上「新規性および非自明性を示す」ものであり、特許を受けるための要件を備えると結論した。Microsoftの関係者によれば、同庁は現在、本裁定が最終的に有効であることを示す「再審査特許証明書」を発行しているところだという。

 ファイルの保管に一般的に用いられるFATファイルシステムは、本来Windowsのために開発されたものだが、デジタルカメラなどの機器のリムーバブルフラッシュメモリでも採用されている。また、一部のLinuxおよびUnix関連製品では、Windowsとデータを交換するために同システムが利用されている。

 2004年4月、「Public Patent Foundation」という公益団体がFATシステムに関する2件の特許を再審査するよう求め、特許庁はこれに応じた。

 同団体は、同ファイルフォーマットを初めて考案したのがMicrosoftではないことを示す「先行技術」が存在していると申し立てていた。

 同団体はまた、MicrosoftがLinuxを販売/サポートする企業から同技術の使用料を徴収するようになれば、無料ソフトウェアコミュニティに脅威が及ぶおそれがあると、懸念を表明していた。Free Software FoundationのGNU General Public License(GPL)の下では、使用料の支払いが必要な特許技術が含まれているLinuxは配布できないことになっている。

 Microsoftは過去の言動から、同ファイルフォーマットをライセンス化する可能性があると考えられている。2003年12月には、同社はフラッシュメモリベンダーLexar Mediaとそうした契約を結んだことを明らかにしている。

 特許庁による今回の裁定の前には、Microsoftに不利な、法的拘束力のない裁定が数度にわたり下されていた。審査官は2004年9月に同特許を却下する通知を出し、その約1年後、再び同様の裁定を下した。

 この間、Microsoftは一貫して、同特許の正当性が認められることを確信していると述べてきた。Microsoftのビジネス開発部門ディレクターDavid Kaeferは10日、同社が特許庁の最終裁定に「大変満足している」と話した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]