インターコム、応研や弥生の給与ソフトと連携する給与明細配信システム

WebBCN (BCN)

2006-01-18 11:49

 インターコム(高橋 啓介社長)は、市販の給与ソフトとの連携機能を備えた給与明細インターネット自動配信システム「Web給金帳 V2 for 給与大臣」「同 for 弥生給与」を1月30日に発売する。「Web給金帳 V2 for 給与大臣」は、応研(原田明治社長)の給与計算ソフト「給与大臣」、「Web給金帳 V2 for 弥生給与」は、弥生(平松庚三社長)の給与ソフト「弥生給与」とそれぞれ連携する。税別価格は、50クライアントで25万円から。

 「Web給金帳 V2」は、給与・賞与明細書や源泉徴収票を専用伝票イメージのままPDF化し、インターネットやイントラネットを通じて社員やパート、アルバイトなどに自動的に配付できるシステム。今回の2製品では、給与ソフトとの連携機能を搭載。給与ソフト側で毎月作成する給与明細データを、「Web給金帳 V2」のデータベースと直接、またはCSVファイルで連携、処理することですばやく明細書に変換して配信することができる。パソコン向けメール配信時の明細PDFファイルの暗号化とパスワードの付加、携帯電話から閲覧する際の通信データのHTTPS暗号化、サーバーへのアクセス期限の設定など、セキュリティ機能も充実。このほか、作業の流れが一目でわかる操作画面を採用し、使い勝手も工夫した。

 インターコムでは、これまでも、オービックビジネスコンサルタントの給与計算システム「給与奉行」、ピー・シー・エーの給与計算ソフト「PCA給与」と連携するパッケージを販売しており、対応ソフトを増やすことで中小企業に向けたソフトの販売を強化していく方針。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]