編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

沖電気、メッセージカード型端末利用した、病院の「外来患者誘導システム」

ニューズフロント

2006-01-23 20:20

 沖電気工業は1月23日より病院向けに、メッセージカード型端末を利用した「外来患者誘導システム」を販売開始すると発表した。3月10日より出荷する。

 病院内用ポケットベルメーカーの大井電気が開発したメッセージカード型端末「OiNET791」と、沖電気製IP-PBX「IPstage EX」「DISCOVERY」を連携。診察予約登録をした患者に同端末を配布し、着信音と振動で病院側の呼び出しを通知する。同時に端末のディスプレイに呼び出し場所の指示などを表示する。

 受付窓口などで患者の氏名を放送する必要がないため、病院の業務効率を向上が可能としている。また患者の個人情報保護にも役立つとしている。患者にとっては、端末さえ携行していれば窓口近辺で待機する必要がなく、病院内の好きな場所でくつろげるといったメリットがあるという。

 標準価格は税別1180万円。コンサルティング費用や工事費は含まない。同社の事業所コードレスシステムを導入する病院などを顧客に見込み、1年間で200システムの販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]