編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ラック、セキュリティ技術者を企業に常駐派遣するサービスを3月開始

ニューズフロント

2006-02-10 14:28

 ラックは2月10日、セキュリティに特化した技術トレーニングを受け実務経験も持つ技術者による常駐派遣サービス「セキュリティマネジメントサービス(SMS)」を発表した。セキュリティ技術者を企業に常駐させ、システムの導入、構築、運用時のセキュリティ対策作業に従事させる。3月1日に提供を開始する。

 SMSを利用すると、企業は自社内で人材を育てる必要がなくなり、効果的な情報セキュリティ管理、運用をすぐに始めることができる。さらに、ラックはセキュリティに関するノウハウや情報、ツールを企業に提供する。

 担当する作業の内容に応じ、「セキュリティマネージャ」(1人月当たり300万円から)、「セキュリティスペシャリスト」(同200万円から)、「セキュリティエンジニア」(同120万円から)という3レベルの常駐技術者を用意する。別途、週2回訪問するサービスメニューの提供も行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]