編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

マイクロソフト、「DynaComm i:filter」を含むセキュリティ製品を発表へ

文:Greg Sandoval(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀、尾本香里(編集部)

2006-02-10 15:33

 Microsoftは、来週開催される「2006 RSA Conference」で、同社がFutureSoftから買収した「DynaComm i:filter」を含む複数のセキュリティ製品を発表する予定だ。

 その他の製品としては、「Microsoft Client Protection」「Microsoft Antigen Select Beta」「Internet Security and Acceleration Server 2006 Beta」などの発表が予定されている。DynaCommは企業における社員のウェブアクセスを管理し、Client Protectionはスパイウェアやrootkitのような脅威からノートPCやデスクトップ、サーバを保護する。Antigen Select Betaは、スパム、ウイルス、ワームなど防ぐ電子メールセキュリティシステムだ。これらは、1月に入り同社が出荷の予定を発表した「Windows OneCare Live」に続く製品となる。Microsoftは、OneCareによりウイルス対策市場へ初めて進出を果たすことになる。RSA Conferenceは、カリフォルニア州サンノゼにあるMcEnery Convention Centerで米国時間2月13日〜17日に開催される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]