編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

中国でホスティングされた偽アドビサイト--ウェブセンスが警告

CNET Japan Staff

2006-02-14 05:31

 Websenseは2月10日、同社のセキュリティ情報分析機関「Websense Security Labs」がAdobe Systemsのブランド名を悪用した新たなフィッシング攻撃に関する報告を受けたことを公表し、警告した。

 Adobeのオンラインストアをまねたフィッシングウェブサイトは、Adobe製品を非常に安い値段で購入しダウンロードできるように見せかけており、一般消費者に対してそのリンクを貼った偽のメールによって告知する。

 このフィッシングサイトは中国でホスティングされており、この警告を発表した時点(米国時間2月10日現在)でも稼働中だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]