編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

サン、1.6GHz版UltraSPARC IIIi搭載2ウェイWS「Sun Ultra 45 Workstation」

ニューズフロント

2006-03-08 15:03

 サン・マイクロシステムズは3月8日、動作周波数1.6GHzのUltraSPARC IIIiプロセッサを最大2個搭載可能な新型ワークステーション「Sun Ultra 45 Workstation」の販売を開始した。税別価格は55万4000円から。4月下旬に出荷を開始する予定。

 OSはSolaris 10 OSを採用し、既存のSPARC/Solarisアーキテクチャ用アプリケーションとバイナリ互換を維持した。メモリは、1プロセッサ当たり最大8Gバイト搭載できる。ハードディスク(HDD)用インターフェースは、シリアルATA(SATA)またはSerial Attached SCSI(SAS)。SATA対応HDDは最大4台を内蔵可能で、記憶容量は合計1テラバイトとなる。グラフィックスI/OはPCI-Expressとし、専用3次元グラフィックスアクセラレータ「Sun XVR-2500」を利用できる。

 ソフト開発環境「Sun Studio 11」「Sun Java Studio Creator」「Sun Java Studio Enterprise 8」が付属しており、購入後すぐに開発作業が開始できる。グリッド構築ソフト「Sun N1 Grid Engine」のライセンスも付属する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]