編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ソフォス、20種類以上の製品に対応するLinux専用ウイルス対策ソフト

WebBCN (BCN)

2006-03-23 11:17

 ソフォス(アラン・ブロデリック社長)は3月22日、Linux向けウイルス対策ソフト「Sophos Anti-Virus for Linux Version 5.0」を発表した。価格は利用するユーザーごとで個別に見積もるが、100ユーザーで利用した場合の年間のライセンス料金は、1ユーザーあたり3960円。

 Linuxに特化したウイルス対策ソフトで、「Red Hat」「SUSE」「TurboLinux」など20種類以上のLinux製品やカスタマイズされたLinuxネットワーク環境に対応しているのが特徴。

 OSにLinuxを利用するサーバーやクライアントPC、モバイルPCなどをウイルスから保護する。リアルタイム、オンデマンド、スケジュール設定でのウイルス検査が行え、LinuxやWindowsをはじめとするOSのウイルス、トロイの木馬、ワーム、スパイウェアを検知・駆除できる。

 また、除外処理オプションを使って、管理者が検査するファイルのディレクトリ、ファイルタイプ、ドライブなどを指定して、必要ないスキャニングを行わないといった使い方も可能。ウイルス定義は自動的にアップデートするほか、最新のウイルス動向をリアルタイムで管理者に通知する警告ツールも用意する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]