編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

世界共通の技術と機能で万全な業務アプリケーションを提供する--Epicor Software

井村禎章

2006-03-29 20:25

2004年、Epicor Softwareは「iScala」を擁するScala Business Solutionsの合併を完了し、巨大なユーザーベースを手に入れた。日本法人も、スカラ・ジャパンをエピコ・ソフトウェア・ジャパンに再編し、2006年からはマーケティングにも力を入れたい考えという。

 ミッドレンジをターゲットとした業務アプリケーションの分野で、日本においてもプレゼンスの向上を目指すEpicor Softwareのシニアバイスプレジデント兼最高マーケティング責任者(CMO)であるJohn Hiraoka氏と、ノースアジアのリージョナルディレクターとして日本市場を統括するStefan Gerstmeier氏に聞いた。

--ビジネスの現状はいかがでしょう。

Epicor Software、シニアバイスプレジデント兼CMOのJohn Hiraoka氏

Hiraoka 2005年は売上、利益とも過去最高を記録し、新規契約は800社を突破しました。ソフトウェア業界では企業の統合が進んでいますが、われわれは買収する側にいます。補完的なソリューションを提供できる企業の買収は常に検討していますし、主に顧客サポートにおいてパートナー戦略も強化しています。これにより、顧客満足度を高めたいと考えています。

--他社と比較した場合の強みはどこにありますか。

Hiraoka Microsoft .NET上で稼働するWebサービス、SOAをベースとしたテクノロジによって、リアルタイムビジネスを実現できることが最大の強みです。業種別のビジネスプロセステンプレートも提供していますし、日本では10年以上の経験があり、100社以上の顧客にサービスを提供しています。

--日本でのビジネスはどのような展開になっているのでしょう。

Gerstmeier RECSテクノロジーズ、ニチアイ、日本ラッド、セティの4社がSI、コンサルティングパートナーで、合計すると導入知識を持つ人員は150人以上います。中規模、中小企業への導入はもちろん、大企業の海外拠点でわれわれのソリューションが採用されるケースもあります。

Hiraoka 特に、SAPを本社で使っていて、海外の拠点では高額なためにSAPを使いたくないというニーズのある企業にとって、Epicorは魅力的です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]