編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコ、セキュリティ関連の修正ファイルを公開

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)

2006-04-09 07:14

 Cisco Systemsは米国時間4月5日、セキュリティ関連の脆弱性を修正するファイルを「Cisco Optical Networking System 15000 Series」および「Cisco Transport Controller」(勧告はこちら)、そして「Cisco 11500 Content Services Switch」(勧告はこちら)について公開した。今回のセキュリティ更新にはいくつかの脆弱性に対応しているが、そのうち最も深刻な脆弱性は、標的となるシステムの機能停止を招く恐れのある「サービス拒否(DoS)攻撃」を許す可能性がある。

 Cisco Optical Networking System 15000 Seriesは、一般的に、電話会社などのサービスプロバイダに利用されている。Content Services Switchは、企業のグローバルネットワークの構築とウェブ経由のコンテンツ配信を支援するための製品だ。セキュリティ調査団体French Security Incident Response Teamによると、Cisco Optical Networking System 15000 SeriesとTransport Controllerの脆弱性は深刻であるが、Content Services Switchの脆弱性が持つリスクは低いという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]