ICカードでMFP管理を高度化 実践から新ワークスタイルを創出

石田巳津人(月刊ソリューションIT編集部) 2006年04月25日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先進ユーザー企業のITとワークプレイスの融合術/リコー

 リコーは2005年12月、青山の本社事務所と、銀座地区に分散していたオフィスを統合し、銀座の新社屋に移転した。それに伴って、新しいワークスタイルとワークフローを取り入れた。新社員証となるICカードをフルに活用して、セキュリティを強化し、OA機器管理の一元化を図る。

 その上で、分散していた情報システムの統合化も進め、情報活用の新境地を狙う。

*   *   *

 銀座にある新本社は、25階建てビルの15階(約2万1400平方メートル)までを借り上げ、これまで拠点が分散していた営業や企画、人事、経理などの約1800人を集めた。リコーの新しい顔となる。

 IT/S本部、IT/S技術センター副所長の栗野隆正氏は「新本社への移転では、課題となっていたセキュリティの強化を図りながら業務効率を上げることを重点的に考え、ワークスタイルやワークフローの変革に取り組んでいます」と話す。

栗野隆正氏 IT/S本部 IT/S技術センター
副所長 栗野隆正氏

 その主な変革テーマは、(1)セキュリティ、(2)TCO削減、(3)環境保全、(4)情報活用の4点。いずれも、OA機器メーカーのリコー自身のビジネスにつながる。新本社での実践結果を、今後の商品やソリューションの開発にも反映させていく考えだ。

 変革に向けた柱となる施策は、ICカードを使った新社員証の導入だ。2005年夏から東京・品川のシステムセンターと、同年10月に開設した神奈川県海老名市のテクノロジーセンターで、このICカードを利用した入退室管理を実施しており、新本社で導入は3拠点目となる。

 ICカードは、入退室管理のほか、PCのログイン、MFP(複合プリンタ)の利用管理、社員食堂の精算業務など多目的に使うが、特にセキュリティ面が重視されている。

 新本社では、ビル入り口のゲートでICカードによる入退室をチェック。さらに、ビル内部を3段階のセキュリティ区画に分け、ICカード所有者ごとに入室可能な区画を制限している。たとえば、一般社員が持つICカードだと高セキュリティ区画のサーバールームには立ち入れないわけだ。

 リコーグループは2004年12月、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得している。ICカードを使った入退室管理は、ISMSに則って物理的にセキュリティを管理するためのものだ。

ICカードを使って印刷におけるミスを防止

 新本社のICカード運用で特徴的なのは、MFP管理にも使っている点だ。

 1フロア当たり約200人が働いている一般オフィスフロアには、コーナーごとに3台のMFPを3コーナーに配置(写真2参照)。計9台が設置されているが、その一元管理に役立てる。

写真2 写真2 オフィス内とMFP設置コーナー

 管理の仕組みは、利用者がICカードを使ってPCへログインした後、PCからMFPへ印刷を指示。すると印刷ジョブは、プリントサーバーにキューとして留め置かれ、利用者がMFPの前で備え付け(またはマシン搭載)の読み取り装置にICカードをかざし、認証されないと紙で出力できないというもの。同様に、MFPのコピーやスキャナの機能を使う場合も、ICカード認証が必要だ。

 このため、排紙された文書を部外者にのぞき見られたり、取り忘れで紛失させることもなくなる。

 ここまでなら「セキュリティ印刷」として取り組んでいる企業もあるが、OA機器メーカーであるリコーは、一歩先をいく感がある。ICカードによるMFP管理は、環境保全や利便性向上での効果も狙っているのだ。

 たとえば、ICカードで認証すると個人別に蓄積された印刷ジョブがMFPの操作パネルに表示される。そこで出力文書を選択するが、誤って印刷指示を出したものは簡単に削除できる。紙を無駄にせずに済むのだ(写真3参照)。

写真3 写真3 ICカードで認証後に印刷する帳票を選択して指示

 「これからの運用になりますが、ミスプリントが全体の何%ぐらいあり、その結果、紙削減にどれぐらい効果があるのか見えてきます」(栗野氏)。

 また利便性の面では、新本社には上層階と下層階で2台のプリントサーバーが設置されており、ICカード認証さえ受ければ、出力指定先のMFPと同じ階層にあるMFPならどのマシンからでも出力できる点が挙げられる。

 社内ネットワークで結ばれた拠点から印刷を指示し、打ち合わせ等で出向いた銀座本社で紙を出力するといった使い方もできる。同時に、機密文書の外部持ち運びも減らせるわけだ。

 さらに、トナーや用紙の発注・交換や破棄する機密文書の回収、トラブルの一時対応などは従来、部門ごとに実施していた。これを、新本社ではサポート窓口に一元化。MFPの運用管理を効率化し、TCO削減を図っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化