日本オラクルとネットマークス、アイデンティティ管理分野で協業

ニューズフロント

2006-04-25 16:18

 日本オラクルとネットマークスは4月25日、アイデンティティ管理分野において協業すると発表した。日本オラクルが今夏より認証情報管理向け基盤製品群「Oracle Identity and Access Management」を出荷開始するのにともない、両社は同製品群のインテグレーションや関連ソリューションの開発を共同で実施する。

 協業の目的を、両社は「企業の内部統制の強化とコンプライアンスの支援」と説明する。複数システムで統一的なアカウントの管理と権限範囲規定のプロビジョニングを実行可能な製品やサービスを用意し、内部統制上の必須要件に迅速に対応できる環境を提供していく。

 具体的には、営業および技術担当者で構成されるOracle Identity and Access Management分野の専任部隊を作り、この協業に注力する30人体制のプロジェクトチームを編成する。ネットマークスは、Oracle Identity and Access Managementの共同検証プログラムに参加して日本オラクルの製品に関するノウハウを獲得し、製品リリースとともに販売、導入できるよう準備する。

 さらに、ネットマークスはOracle Identity and Access Managementに対応したVoIPやVPN、ワンタイムパスワード製品の開発も行う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]