編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立IT、Notes連携の携帯電話用ゲートウェイ新版「PhoneConnect Ver6.0」

ニューズフロント

2006-05-11 17:30

 日立インフォメーションテクノロジー(日立IT)は5月11日、携帯電話用ゲートウェイソフトウェアの新版「PhoneConnect Ver6.0」を5月24日に出荷すると発表した。日本IBMのグループウェア「Lotus Notes/Domino 7」と連携し、携帯電話からNotesのメール、カレンダー、アドレス帳、掲示板などを利用できる。

 新たに携帯電話からNotesのメールや掲示板の記事に添付したファイルを参照する機能を追加。またDominoディレクトリにアクセス制限を設定可能にするなど、セキュリティ機能を強化した。

 なお、日立ITでは5月24日より、同じくNotesと連携するグループスケジュールシステムの新版「HI賢者Web Ver7.0」と稟議システムの新版「HI達人Web Ver7.0」を出荷する。

 グループスケジュールシステムは、スケジュール表示画面から会議参加者などの電話番号を参照/発信する機能を追加。会議室と参加者の空き時間調整や、所属部署によるアクセス制限といった機能も備える。稟議システムは稟議申請者・承認者の電話番号が参照/発信機能を追加している。いずれもPhoneConnect Ver6.0と連携し、Notes/Dominoとの統合運用が可能という。

 価格はPhoneConnect Ver6.0が、500ユーザーライセンスで420万円。グループスケジュールシステムが同189万円、稟議システムは同147万円。保守サービス料金はそれぞれ500ユーザーライセンスあたり84万円、37万8000円、29万4000円とする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]