編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

OKINET、ポリコムおよびTCBのビデオ会議システムとIP電話を連携

ニューズフロント

2006-05-16 14:51

 沖電気工業、沖電気ネットワークインテグレーション(OKINET)、ポリコムジャパンの3社は5月16日、ビデオ会議システムとIP電話を連携させるオフィス向けコミュニケーション製品の共同提供を発表した。また、沖電気とOKINETは同日、トーメンサイバービジネス(TCB)とも同様の発表を行った。

 今後、OKINETは、ポリコムのビデオ会議システム「Polycom VSXシリーズ」と沖電気のIP電話サーバ「IP COVNERGENCE Server SS9100」を連携させ、ソリューション製品として提供していく。同製品を利用すると、Polycom VSXシリーズでビデオ会議を実施中に、SS9100の電話端末を会話に参加させることが可能となる。沖電気らは「これにより、場所を問わない判断の迅速化を図ることができ、経営スピードの向上に寄与する。このシステムは、既存のテレビ会議端末とも接続できるので、資産を有効に活用することが可能」としている。

 Polycom VSXシリーズとSS9100の接続には、トーメンサイバービジネス(TCB)のビデオ会議システム「Visual Nexus」「Visual Nexus SIP Option」を利用する。Visual Nexusと同SIP OptionはSIPとH.323の両プロトコルに対応しているため、単一IPネットワークでSIP対応機器とH.323対応機器を同時に使用可能な環境が実現できる。

 4社は、5月18日から19日にサンシャインシティ文化会館で同時開催されるIPテレフォニー&ケータイソリューション2006とビジュアル・コミュニケーション2006に、対象となるソリューション製品を参考出展する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]