OKINET、ポリコムおよびTCBのビデオ会議システムとIP電話を連携

ニューズフロント

2006-05-16 14:51

 沖電気工業、沖電気ネットワークインテグレーション(OKINET)、ポリコムジャパンの3社は5月16日、ビデオ会議システムとIP電話を連携させるオフィス向けコミュニケーション製品の共同提供を発表した。また、沖電気とOKINETは同日、トーメンサイバービジネス(TCB)とも同様の発表を行った。

 今後、OKINETは、ポリコムのビデオ会議システム「Polycom VSXシリーズ」と沖電気のIP電話サーバ「IP COVNERGENCE Server SS9100」を連携させ、ソリューション製品として提供していく。同製品を利用すると、Polycom VSXシリーズでビデオ会議を実施中に、SS9100の電話端末を会話に参加させることが可能となる。沖電気らは「これにより、場所を問わない判断の迅速化を図ることができ、経営スピードの向上に寄与する。このシステムは、既存のテレビ会議端末とも接続できるので、資産を有効に活用することが可能」としている。

 Polycom VSXシリーズとSS9100の接続には、トーメンサイバービジネス(TCB)のビデオ会議システム「Visual Nexus」「Visual Nexus SIP Option」を利用する。Visual Nexusと同SIP OptionはSIPとH.323の両プロトコルに対応しているため、単一IPネットワークでSIP対応機器とH.323対応機器を同時に使用可能な環境が実現できる。

 4社は、5月18日から19日にサンシャインシティ文化会館で同時開催されるIPテレフォニー&ケータイソリューション2006とビジュアル・コミュニケーション2006に、対象となるソリューション製品を参考出展する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]