編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットスプリングとCO-CONV、LANアクセス認証向けシングルサインオン機能を共同開発

ニューズフロント

2006-05-19 17:12

 ネットスプリングは5月19日、認証ゲートウェイ製品「FEREC」向けシングルサインオン(SSO)機能をシー・オー・コンヴ(CO-CONV)と共同開発すると発表した。

 FERECは、ネットスプリングが開発したLANアクセス管理用のアプライアンス製品だ。クライアントPCのOSに依存しない認証ができる。一方、CO-CONVは、WindowsとUNIXサーバを連携させるソフトの開発を手がけている。

 両社は、CO-CONVの技術を利用してFERECのWindowsログイン処理を統合し、1回認証するだけでログイン処理を済ませるSSO機能の実現で協力する。具体的には、SSOソフト「CO-GINA for FEREC」を共同開発し、2006年6月に利用期限付きのベータ版を無償提供する。正式版は、2006年9月に販売を開始する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]