ノキア、ネットワークセキュリティ装置にUTM対応最新モデル「IP390」を追加

ニューズフロント

2006-06-07 17:20

 ノキア・ジャパンは6月7日、ネットワークセキュリティ装置の最新モデル「Nokia IP390」を7月初旬に販売開始すると発表した。新たに統合脅威管理(UTM)機能を追加した。初年度のサポート費用を含む税込み価格は134万4000円となる。

 最新モデルは、イスラエルCheck Point Software Technologiesの「VPN-1 UTM」「VPN-1 Power」対応となり、アンチウイルス、侵入防止システム(IPS)および侵入検知システム(IDS)、ウェブアプリケーション向けファイアウォール、SSL-VPNなどの機能を提供する。10、100、1000Mイーサネット用インターフェースを4つ備え、2つの拡張用スロットを使うと最大8つの10、100Mイーサネット構成にできる。さらに、最大4つのギガビットイーサネットインターフェースの追加が可能だ。

 「Nokia Horizon Manager」や「Nokia Appliance Manager」と組み合わせれば、ファイアウォールポリシーの移行や、複数のセキュリティ装置の設定、監視、保守が容易に行える。そのほかの主な仕様は以下のとおり。

  • クリアテキストのファイアウォールスループットは3Gbps(「IP350」の約4倍、「IP380」の約2倍に相当)
  • AES256時のVPNスループットは最大500Mbps(IP350の約10倍、IP380の約1.7倍に相当)
  • ファイアウォールコネクション数は毎秒3万件(IP350の約2倍、IP380の約1.6倍に相当)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]