編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JR東日本、モバイルSuicaサービス向けにNECの「LightHolder/FeliCa」を導入

CNET Japan Staff

2006-06-09 23:12

 NECは6月9日、東日本旅客鉄道(JR東日本)によって提供されている携帯電話で乗車や買い物ができる「モバイルSuicaサービス」向けに、同社のモバイル電子チケット/会員証サービス基盤ソフト「LightHolder/FeliCa」を納入したと発表した。

 LightHolder/FeliCaは、FeliCa搭載携帯電話を利用したチケット、クーポン、会員証などのサービス提供に利用できる基盤ソフト。モバイルSuicaサービスでは、特別に同サービス向けの機能を強化したものを提供する。

 たとえば、定期券やグリーン券の購入などにあたって、サーバにアクセスしたときに、携帯電話側で行なう表示や処理の内容を自動的に更新できる機能などが付加されている。NECでは、FeliCa搭載携帯電話を利用した顧客向け各種サービス提供を行なう事業者に対し、同製品の提案活動を活発化させる計画で、今後3年間で30システムの販売を見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]