編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

EMCジャパンとネットマークス、データ一元管理システムの提供で協業

ニューズフロント

2006-06-15 20:20

 EMCジャパンとネットマークスは6月15日、企業内のデータを一元管理するデータマネジメント分野で協業すると発表した。両社は、それぞれの持つストレージ製品とセキュリティ製品を融合させ、内部統制強化を目的とするNASベースのデータ統合システムを提供していく。

 この協業に向け、EMCジャパンはストレージ製品、データ移行ツール、データ管理ツールなどを、ネットマークスはアクセス制御やユーザー認証などを行うセキュリティ製品を担当する。

 両社の製品を組み合わせた情報システム基盤は、高速な遠隔データアクセスを可能とする広域ファイルサービス(WAFS)を利用し、データをIPネットワーク経由で大容量ストレージに集約して一元管理する。企業内のデータを集中化するとデータ保全が可能となり、内部統制を強化できる。

 なお、ネットマークスは、EMCジャパンおよび米EMCの製品をユーザーの要求に合わせて提供する「EMC Velocityパートナー」の契約を、2006年5月30日に締結している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]