編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サン電子とサイファートラスト、電子メールのセキュリティ分野で協業

WebBCN (BCN)

2006-06-29 10:29

 サン電子(若井富幸社長)とサイファートラスト(大山秀樹社長)は6月27 日、電子メールのセキュリティソリューション分野で協業したと発表した。今 後、高品質なメッセージングセキュリティソリューションを提供する。

 今回の協業により、サン電子の「SPIS−BOX」シリーズのメール署名・暗号 化機能に、サイファートラストの「IronMail」によるウイルス対策・スパム対 策・フィッシング対策、その他の各種機能を組み合わせて提供する。これによ り、より強固なメールセキュリティ環境の構築が可能になる。

 サン電子の提供するゲートウェイ型電子署名・暗号化サーバソフト「SPIS-B OX-Sign」は、電子メールに電子署名を行うことでメールの実在性を証明し、 改ざんを防止。また電子署名に加え、暗号化を施すことでメールの盗聴も防止 する。ゲートウェイ方式で自動的に行うため、従来製品のようなユーザーの人 為的ミスを防止し、暗号化作業などの工数も削減できる。

 サイファートラストの「IronMail」は、エンタープライズ市場を中心に数百 人から数万人規模に対応する国際的な言語に対応した電子メールのセキュリテ ィソリューションで、インバウンド・アウトバウンドの双方向で高いパフォー マンスと高信頼性を提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]