編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウイングアーク、業務文書をウェブ化する「StraForm-X」の“LDAP機能”を出荷開始

CNET Japan Staff

2006-06-29 20:19

 ウイングアーク テクノロジーズは6月29日、業務文書の入力画面を容易にウェブ化できる画面設計ツール「StraForm-X(ストラフォームエックス)」の新機能の出荷を開始した。今回発表された新機能は、ネットワーク上でのシステム管理の利便性を向上する“LDAP機能”。価格は10〜50万円(税別)で、StraForm-X導入企業を対象に提供される。

 StraForm-Xは、紙のレポートやMicrosoft Excel/Word、PDFなどの業務文書をデータ化し、HTMLやXMLなどの標準技術により、ノンプログラミングで入力画面を作成するためのソフトウェア。業務の現場における入力画面をウェブ化し、業務効率を向上、情報共有を実現する。

 “LDAP機能”を採用すること、StraForm-XサーバをMicrosoft Active DirectoryやNovel eDirectoryなどの既存LDAPサーバと連携し、一元的にユーザー管理/グループ管理の設定を行うことが可能になる。これにより、StraForm-Xでウェブ化した業務文書の管理、運用環境の利便性を大幅に向上できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]