編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ITアウトソーシング、価格への不満が契約内容見直しの原因や導入の障壁に--IDC Japan調べ

CNET Japan Staff

2006-07-06 21:50

 価格に対する不満から、契約内容の見直しを進める――。IT専門調査会社のIDC Japanが7月6日に発表した、国内ITアウトソーシングの利用実態の調査結果を見ると、ユーザー企業は価格に不満を感じていることが分かる。

 同調査によると、2006年4月時点でITアウトソーシングサービスを利用している企業は33.6%。2005年3月に実施した前回調査から7.9ポイント増加した。また、「具体的に利用を予定している」企業の割合も5.4%となり、前回調査の3.6%から1.8ポイント増加している。

 利用・検討状況を企業の従業員規模別にみると、従業員50人未満の企業で利用率が20.4%である一方、1万人〜5万人未満の企業では75.7%に達した。ただし、前回調査と比較すると、従業員規模1000人未満の企業で利用が伸びている。これが全体の利用率を押し上げる結果となった。

 利用に対する期待では、「情報システムそのものや企業の業務に関する効率化」「コスト削減」などが多い。一方でサービス価格に対する不満は強く、既存ユーザーにとっては契約内容の見直しにつながり、非ユーザーにとっては導入への障壁となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]