編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日本IBM、2.1GHz版POWER5+搭載の新型WS「IntelliStation POWER 285」

ニューズフロント

2006-07-15 00:05

 日本IBMは7月14日、動作周波数2.1GHzのPOWER5+プロセッサを搭載する新型ワークステーション「IntelliStation POWER 285ワークステーション」を発表した。同社では「3次元グラフィックス処理性能が高く、自動車や航空機の設計、構造解析などに適する」としている。税込み価格は150万7905円から。8月11日に出荷を開始する予定。

 POWER 285ワークステーションは、従来モデルに比べ処理能力が約10%高まり、浮動小数点演算の性能を測るベンチマークテストSPECfp2000で、ワークステーションとしては業界最速となる3324を記録したという。動作周波数1.6GHzのUltraSPARC IIIiを搭載するサン・マイクロシステムズのSun Ultra 45の値は1365にとどまり、「他社UNIXワークステーションに比べ約2.4倍の処理能力にあたる」(日本IBM)。

 最小構成で、メモリ1Gバイト、ハードディスク(HDD)73.4Gバイト、DVD-ROMドライブ、GXT135Pグラフィックスプロセッサを備える。

 また、日本IBMはPOWER 285ワークステーションの提供にともない、同ワークステーションの「IBM Expressポートフォリオ対応モデル」を用意する。プロセッサを1個搭載する177万4500円のモデルと、2個搭載する291万75円のモデルの2種類。いずれも8月11日に出荷を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]