編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフト、「Microsoft Solution for Windows-based Hosting 4.0」を公開

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-07-19 14:07

 Microsoftは米国時間7月18日、ホスティング企業をターゲットにしたソフトウェアパッケージ「Microsoft Solution for Windows-based Hosting 4.0」をリリースした。これには、2005年11月にリリースされた「SQL Server 2005」と、ウェブ開発ソフトウェアの最新版となる「ASP.NET 2.0」が含まれている。同パッケージには、無償の「Visual Web Developer Express Edition」ウェブ開発ツールも含まれている。

 Microsoftのワールドワイドホスティング担当ディレクターJohn Zanni氏は声明で、「サービスプロバイダーがサービス型のソフトウェアアプリケーション(Software as a Service)を簡単にホスティングし、これらを開発するデベロッパーの利便性を高められるようにした」と述べている。Microsoftはここ2年間、LinuxなどのオープンソースコンポーネントではなくWindowsベースのソフトウェアを利用するよう、ホスティング企業を説得することに力を入れてきた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]