オープンソースの統合ソフトウェア「Jitterbit」がアップデート

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-08-29 13:08

 新興企業のJitterbitが、オープンソースとモジュール型デザインを使う統合ソフトウェア市場への参入準備を整えた。

 同社は、1つのアプリケーションから別のアプリケーションにデータを転送するソフトウェアを開発しており、社名を冠したソフトウェアのアップデートを米国時間8月28日にリリースした。

 たとえば、企業において電子商取引システムから自社の顧客サポートデータベースに注文トランザクションを移行できるようになる。

 このアプリケーション間統合ソフトウェアは、エンタープライズサービスバス製品など、レベルの低いメッセージングソフトウェアの補完を目的としていると、Jitterbitの社長兼最高経営責任者(CEO)、Sharam Sasson氏は述べている。

 Java Messaging ServiceやJava Business Integrationといった標準をベースに構築されたオープンソース統合サーバは、ServiceMixやMuleをはじめ多数存在する。

 Jitterbitは、オープンソース開発者が拡張できるようソフトウェアを開発したと、Sasson氏は語っている。同製品には、SAPとPeopleSoftのアプリケーションを統合するなど、特定の目的に合ったプログラムを開発するためのクライアントサイドソフトウェアが付属する。

 「Jitterpaks」と呼ばれる個々の統合プログラムは共有や拡張が可能で、インストレーションに要する時間を短縮することができると、Sasson氏は語っている。

 Sasson氏は、「既存の商用統合ベンダー各社は、大半のケースで統合を過度に複雑化し、この業界に多大な損害を与えたと思う」と語っている。

 同社の製品は、Cast Iron Systemsが販売するアプライアンスと同様の機能を実現する。

 しかし、無償の製品があることや、サードパーティーのアドオンを推奨していることから、Jitterbitはより多くの顧客に訴求できるだろう、とSasson氏は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]