NTTコムウェア、ポリシーチェックで検疫機能を強化した端末管理ソフト

WebBCN (BCN)

2006-10-16 09:14

 NTTコムウェア(今井郁次社長)は、情報セキュリティポリシー(方針)チェック機能を強化した端末管理ソフト「AdminITy Ver4.2」を発売した。

 「AdminITy」は、情報資産台帳の自動作成、管理者主導の統合的なセキュリティ管理、ポリシー違反PCに対する検疫、違反項目の修復などが可能な端末管理ソリューション。ソフトウェアで機能を提供するため、検疫システム導入でのネットワーク機器の更改や設定変更が不要。

 ポリシーチェック機能を強化した新バージョンでは、従来の「パッチ適用状況」「ウイルス対策ソフトの利用状況」「禁止ソフトウェア・必須ソフトウェアのインストール有無」などに加え、「禁止ソフトウェアのプロセス監視・ポート監視」というポリシーチェックを2項目追加した。

 違反回数超過PCに対しては、従来の強制シャットダウンに加え、ネットワーク遮断ができる。ポリシー違反分析レポートの出力機能も搭載。ポリシー違反PC の検疫や、導入したセキュリティソリューションが適正に利用されているかといった運用管理を統合的に行える。このほか、Wake On LANの機能強化、AdminITyクライアントスキャンモジュールのアンインストール制御などの機能を追加した。

 価格は、1000ライセンス購入時の1ライセンス当たりで、「IT資産管理+セキュリティ管理+ポリシー管理」が5670円、「セキュリティ管理+ポリシー管理」が4515円、「IT資産管理」が3150円。

NTTコムウェア=http://www.nttcom.co.jp/
「AdminITy」=http://www.nttcom.co.jp/adminity/

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]