シスコ、モバイル新興企業Orativeを3100万ドルで買収へ

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-10-26 21:04

 Cisco Sytemsは米国時間10月26日、Orativeという小規模な新興企業を約3100万ドルの現金で買収することを発表した。この動きは、Ciscoが自社のソフトウェアスイート「Voice & Unified Communications」をモバイル端末に拡大することをにらんだものとなる。

 Ciscoが2006年に入ってから発表したUnified Communicationsは、IPインフラを通じて通話することを可能にする同社のIP-PBXソフトウェア「Cisco Unified CallManager」と、ユーザーの端末からユーザーのステータスや状況に関する情報を収集し、Ciscoのアプリケーションに供給するプレゼンスサーバを連係させることができる。また、CallManagerを個人のコミュニケーションツールと接続することも可能で、ユーザーは自分のPCやIP電話で、誰がオンラインかを把握することができる。

 Unified Communicationsを利用している法人顧客が通信したり追跡したりできるのは、今のところ、デスクトップPCとノートPCを利用するユーザーに限定されている。だが、スマートフォンや携帯電話で仕事の管理をする人々が多くなっており、Ciscoでもモバイルコンポーネントの追加は重要だと認識している。

 CiscoのIPコミュニケーション担当バイスプレジデント、Barry O'Sullivan氏は、「会社員の28%がモバイル機器を利用している」と述べる。「そして、社員の多くにとって、社外で費やす時間は増えている。われわれは、こうしたモバイルワーカーもユニファイドコミュニケーションを最大限に利用できるようにしたい」(O'Sullivan氏)

 これはつまり、モバイルワーカーが自分のモバイル端末でボイスメールを確認したり、電話会議の通知を受けたりすることが可能になることを意味する。また、個人や会社の電話帳にアクセスし、自分の携帯電話から短縮ダイアルを使って電話をかける、といったこともできるようになる。

 CiscoはUnified Communicationsのアプリケーションを携帯電話に拡張するため、Nokiaなどの複数のモバイル機器メーカーとすでに提携を結んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]