編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Ubuntu Linux「Edgy Eft」がリリースへ--高速起動処理を実現

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、小林理子

2006-10-26 21:39

 Canonicalは米国時間10月26日、高速な起動処理を盛り込んだUbuntu Linuxの新バージョン「Edgy Eft」を公開する。

 Edgy Eftには数々の新機能があるが、そのなかの1つにUpstartと呼ばれる起動処理がある。CanonicalはUbuntuを半年毎にアップデートしているが、「Dapper Drake」6.06版は当初の予定より数週間遅れで2006年6月に公開された。

 南アフリカを活動の中心とするCanonical(本拠地マン島)は、2008年までには、Ubuntuのサポートの販売で利益を得たいとしている。

 Upstartは、元来UNIX System V用に作成され長い年月を積み重ねてきたソフトウェア「init」に変わるもので、起動時間を「大きく高速化する」ものだとCanonicalは説明している。本質的にupstartは、Linuxシステムの動作を構成する全サービスを開始させるための新しいプロセスだ。initと違って、Upstartでは特定のシステムイベントがどのサービスを稼動させるかを管理でき、あるサービスの開始がほかのイベントを動かすきっかけにもなりうる。

 「『そうだ、ネットワークが立ち上がったら、そのままApacheを起動させろ』とか『これ(サービス)が動いたら、このハードウェアにアクセスして、関連するインフラを起動させろ』と進んで欲しいではないか」と同社の最高経営責任者(CEO)Mark Shuttleworth氏は述べている。

 Edgy Eftの公開は、主要な競合相手の1つであるRed Hatの「Fedora Core 6」のリリースから2日遅れとなった。Fedora Core 6も無償で、初日の5時間で1万回以上ダウンロードされた。

 「Ubuntuが公開されてからまだ間がないのにその成熟度には驚かされる」とThe 451 GroupのアナリストNick Selby氏は語っている。

 Fedoraと違いUbuntuはダウンロードもサポートもCanonicalから無償で提供される。Fedoraは無償だが、サポートが必要な顧客は有償の「Red Hat Enterprise Linux」バージョンの製品をRed Hatから勧められることになる。

 とはいえ、全てのUbuntuのリリースが同等に作成されているわけではない。Dapper Drakeは初めて5年間継続という長期サポートが付いたものだったが、Edgy Eftのサポート期間はたった18カ月だ。Canonicalではどの場合でもセカンドバージョンかサードバージョンで長期サポートを付ける計画だと、Shuttleworth氏は語っている。

 また、Edgy Eftはグラフィカルユーザーインターフェース「GNOME」の最新版2.6を備えているが、「KDE」が好みであれば「Kubuntu」とよばれる別バージョンが使用できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]